トピックス

カテゴリを選ぶ

2017.05.31 

7/6(木)『投資の鉄人』著者によるトークイベント開催のお知らせ(福岡市) 

「情報」「相場」「商品」、そして「自分」に惑わされるな!

 長期で資産運用を続ける中では、さまざまな誘惑が登場します。それは「情報」「相場」「商品」、そして「自分」。これらに惑わされず、投資を成功に導くにはどうすればよいのか。個人投資家に絶大な信頼を寄せられる資産運用のプロ4人が集い、アドバイスします。
 この4人が一堂に会するのは貴重な機会。個人投資家が陥りがちな罠、投資商品選びの鉄則、業界の本当のところなど、本音トークを繰り広げます。ぜひお楽しみください!終了後、サイン会を実施します。

■日時:2017年7月6日(木)19:00〜

■会場:HMV&BOOKS HAKATA イベントスペース
(福岡市博多区博多駅中央街9-1 博多マルイ6F)

■著者プロフィール

●岡本 和久(おかもと・かずひさ)
投資教育家&ファイナンシャル・ヒーラー®。1971年、慶應義塾大学経済学部卒。旧・日興證券入社、ニューヨーク、東京で15年、証券アナリスト業務に従事。1992年、バークレイズ・グローバル・インベスターズ日本法人を設立、社長として年金運用業務に携わる。2005年、個人投資家向け投資セミナーを行うI-Oウェルス・アドバイザーズを設立。

●大江 英樹(おおえ・ひでき)
経済コラムニスト。大手証券会社で個人の投資相談業務を25年、確定拠出年金の投資教育業務等に10年従事した後、退職。2012年に株式会社オフィス・リベルタスを設立し、現在同社代表。行動経済学を通じた投資家心理に詳しく、実体験にもとづく著作やセミナーは人気が高い。

●馬渕 治好(まぶち・はるよし)
世界経済・市場アナリスト。1981年、東京大学理学部数学科卒、1988年、米国マサチューセッツ工科大学経営科学大学院修士課程修了。旧・日興證券グループで主に調査部門を歴任。2009年に独立、現在はブーケ・ド・フルーレット代表。内外諸国の経済・政治・投資家動向を踏まえ、株式、債券、為替、主要な商品市場の分析を行う。

●竹川 美奈子(たけかわ・みなこ)
ファイナンシャル・ジャーナリスト。出版社や新聞社勤務などを経て独立。2000年FP資格を取得。取材・執筆活動を行うほか、投資信託や個人型確定拠出年金(iDeCo)、マネープランセミナーなどの講師もつとめる。LIFE MAP,LLC代表。「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ(東京)」幹事などをつとめ、投資の裾野拡大に取り組んでいる。

■イベント内容:トークイベント(※ご観覧は無料です)

<サイン会対象商品>
日経プレミアシリーズ『投資の鉄人』(岡本和久、大江英樹、馬渕治好、竹川美奈子著)
本体価格850円
ISBN978-4-532-26339-3

<サイン会参加方法>
トークイベントは無料でご観覧いただけます。
6月1日(木)開店時よりHMV&BOOKS HAKATAにて上記対象商品をご購入いただいた方に先着で、『サイン会参加券』をお渡しします。
『サイン会参加券』をお持ちの方はトーク終了後のサイン会にご参加いただけます。
※上記対象商品にサインをいたします。イベントのご参加の際に必ずお持ちください。
※参加券には限りがあります。無くなり次第終了とさせていただきます。

<詳細・お問い合わせはこちら>
HMV&BOOKS HAKATA TEL092-433-6580

2017.05.29 

6/22(木) 『投資の鉄人』著者によるトークイベント開催のお知らせ(梅田 蔦屋書店) 

6/22(木)、梅田 蔦屋書店で『投資の鉄人』著者4人によるトークイベントを開催します。

■日時:2017年6月22日(木)19:00〜(開場 18:30〜)

■会場:梅田 蔦屋書店 4thラウンジ(大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ9F)

■タイトル:資産運用で大切な4つのこと―『投資の鉄人』著者4人によるトークイベント&サイン会

■定員:80名様

■参加費
.船吋奪箸里漾1,200円(税込)
⊇饑辧投資の鉄人』付チケット 2,000円(税込)
※お申し込み方法など詳細は梅田 蔦屋書店ホームページでご確認ください。
                    
<トークイベント内容>
「情報」「相場」「商品」、そして「自分」に惑わされるな!

長期で資産運用を続ける中では、さまざまな誘惑が登場します。それは「情報」「相場」「商品」、そして「自分」。これらに惑わされず、投資を成功に導くにはどうすればよいのか。個人投資家に絶大な信頼を寄せられる資産運用のプロ4人が集い、アドバイスします。
この4人が一堂に会するのは貴重な機会。個人投資家が陥りがちな罠、投資商品選びの鉄則、業界の本当のところなど、本音トークを繰り広げます。

※トークイベント終了後、サイン会を実施いたします。

<講師プロフィール>
●岡本 和久(おかもと・かずひさ)
投資教育家&ファイナンシャル・ヒーラー®。1971年、慶應義塾大学経済学部卒。旧・日興證券入社、ニューヨーク、東京で15年、証券アナリスト業務に従事。1992年、バークレイズ・グローバル・インベスターズ日本法人を設立、社長として年金運用業務に携わる。2005年、個人投資家向け投資セミナーを行うI-Oウェルス・アドバイザーズを設立。

●大江 英樹(おおえ・ひでき)
経済コラムニスト。大手証券会社で個人の投資相談業務を25年、確定拠出年金の投資教育業務等に10年従事した後、退職。2012年に株式会社オフィス・リベルタスを設立し、現在同社代表。行動経済学を通じた投資家心理に詳しく、実体験にもとづく著作やセミナーは人気が高い。

●馬渕 治好(まぶち・はるよし)
世界経済・市場アナリスト。1981年、東京大学理学部数学科卒、1988年、米国マサチューセッツ工科大学経営科学大学院修士課程修了。旧・日興證券グループで主に調査部門を歴任。2009年に独立、現在はブーケ・ド・フルーレット代表。内外諸国の経済・政治・投資家動向を踏まえ、株式、債券、為替、主要な商品市場の分析を行う。

●竹川 美奈子(たけかわ・みなこ)
ファイナンシャル・ジャーナリスト。出版社や新聞社勤務などを経て独立。2000年FP資格を取得。取材・執筆活動を行うほか、投資信託や個人型確定拠出年金(iDeCo)、マネープランセミナーなどの講師もつとめる。LIFE MAP,LLC代表。「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ(東京)」幹事などをつとめ、投資の裾野拡大に取り組んでいる。

<書籍紹介>
日経プレミアシリーズ『投資の鉄人
(岡本和久、大江英樹、馬渕治好、竹川美奈子 著・本体価格850円)
ISBN978-4-532-26339-3

2017.05.25 

八重洲ブックセンター本店  6/16(金) 『自壊の病理』 著者イベントを開催のお知らせ 

『失敗の本質』 から 『自壊の病理』 へ ― 軍事史研究の意味

■2017年06月16日(金)19:00〜(開場 18:30〜)

■会場:八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー

■定員:80名様

■お申し込み方法:当店で対象書籍をお買い上げの際、参加ご希望のお客さまに1階カウンターにて整理券を差し上げております。(参加整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)
また、お電話によるご予約も承ります。(電話番号:03−3281−8201)

■受付時間: 10:00〜22:00
(※受付時間は、お問い合わせ店舗の営業時間内となります。御注意ください。)

■受付開始日:2017年5月16日(火)10:00〜


(イベント内容)
『失敗の本質』著者が迫る日本を壊した暴走の真相

『失敗の本質』は、日本軍の作戦の事例分析ですが、実は、共同研究としてはなかなかの「成功」例です。共同研究のどこがうまくいったのか、なぜうまくいったのか、の裏話を紹介し、この共同研究の成果がその後の歴史研究、特に軍事史研究にどのようなインパクトを与えているのか、最新刊の『自壊の病理』はどのように位置づけられるのかを考えてみたいと思います。

(プロフィール)
1948年生まれ、京都大学大学院博士課程単位修得退学、博士(法学)、
防衛大学校教授、国際日本文化研究センター教授を経て、現在、帝京大学文学部教授
【主な著書】
『失敗の本質』(共著、中公文庫)『ピース・フィーラー』(論創杜)
『逆説の軍隊』(中公文庫)『日本陸軍と中国』(ちくま学芸文庫)
戦略の本質』(共著、日経ビジネス人文庫)
国家経営の本質』(共編著、日本経済新聞出版社)
『外務省革新派』(中公新書)
『近代日本のリーダーシップ』(編著、千倉書房)

(書籍紹介)
自壊の病理』 
(本体価格2,000円+税) 
ISBN978-4-532-17620-4

2017.05.22 

『ミステリ国の人々』 6/17(土)大阪・肋祐杤馘 刊行記念トークイベントを開催のお知らせ 

大阪・肋祐杤馘垢如ミステリ国の人々』刊行記念トークイベントを開催いたします。

 ト−クライブでは、このエッセイ集をもとに、本格ミステリの第一人者。 生ま
れも育ちも大阪、そして今も大阪在住の有栖川有栖さんと、現在ミステリ界を背
負う多くのミステリ−作家を世に送り出した戸川安宣さんに対談していただきます。
 
 なんと言っても、有栖川有栖さんが、どのような読書体験を得てきたかという
個人的な経験が色濃く反映されているのが最大の魅力のこのエッセイ。著者がミ
ステリ小僧だった頃から読んできた古今東西の名編を読み返すと、まだまだ意外
な発見に満ちていたと言います。
 
 ミステリを浴びるほど読んできた人にも、これから読みたい人にもオススメの
トークライブです。ぜひこの機会をお見逃しなく!!

■2017年6月17日(土)15:00〜(開場 14:30〜)

■会場:隆祥館書店5階 多目的ホ−ル

■出演:有栖川有栖(作家・『ミステリ国の人々』著者)× 戸川安宣(編集者)

■定員:50名様

■お申し込み方法:要予約・事前購入制とさせていただきます。申込み順。

■参加費:3,000円 (内訳:参加費1380円+『ミステリ国の人々』1,620円 )
  トークライブのみ:3,000円
  当日の場合:参加費500円アップになります。
 
■申込み・お問合せ: 隆祥館書店 TEL:06-6768-1023 
住所:大阪市中央区安堂寺町1−3−4 谷町6丁目番出口向かい
Eメール: ryushokan@eos.ocn.ne.jp

(書籍紹介)
ミステリ国の人々
(有栖川有栖 著・本体価格1500円)
ISBN978-4-532-17617-4

2017.04.26 

「資産運用で大切な4つのこと」八重洲ブックセンター本店 5/16(火)『投資の鉄人』著者イベント開催のお知らせ 

「資産運用で大切な4つのこと」
八重洲ブックセンター本店 で5/16(火)に『投資の鉄人』著者イベントを開催いたします。

■2017年05月16日(火)19:00〜(開場 18:30〜)

■会場:八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー

■定員:80名様

■お申し込み方法:当店で対象書籍をお買い上げの際、参加ご希望のお客さまに
 1階カウンターにて整理券を差し上げております。
 (参加整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)
 また、お電話によるご予約も承ります。(電話番号:03−3281−8201)

■受付時間: 10:00〜22:00
(※受付時間は、お問い合わせ店舗の営業時間内となります。御注意下さい。)

■受付開始日:2017年4月25日(火)10:00〜


(イベント内容)

「情報」「相場」「商品」、そして「自分」に惑わされるな!
 長期で資産運用を続ける中では、さまざまな誘惑が登場します。それは「情報」「相場」「商品」、そして「自分」。これらに惑わされず、投資を成功に導くにはどうすればよいのか。個人投資家に絶大な信頼を寄せられる資産運用のプロ4人が集い、アドバイスします。
 この4人が一堂に会するのは貴重な機会。個人投資家が陥りがちな罠、投資商品選びの鉄則、業界の本当のところなど、本音トークを繰り広げます。


(著者プロフィール)

大江英樹(おおえ・ひでき)

経済コラムニスト。大手証券会社で個人の投資相談業務を25年、確定拠出年金の投資教育業務等に10年従事した後、退職。2012年に株式会社オフィス・リベルタスを設立し、現在同社代表。行動経済学を通じた投資家心理に詳しく、実体験にもとづく著作やセミナーは人気が高い。


岡本和久(おかもと・かずひさ)

投資教育家&ファイナンシャル・ヒーラー®。1971年、慶應義塾大学経済学部卒。旧・日興證券入社、ニューヨーク、東京で15年、証券アナリスト業務に従事。1992年、同社を退社。バークレイズ・グローバル・インベスターズ日本法人を設立、社長として年金運用業務に携わる。2005年、個人投資家向け投資セミナーを行うI-Oウェルス・アドバイザーズ株式会社を設立。


竹川美奈子(たけかわ・みなこ)

ファイナンシャル・ジャーナリスト。出版社や新聞社勤務などを経て独立。2000年FP資格を取得。取材・執筆活動を行うほか、投資信託や個人型確定拠出年金(iDeCo)、マネープランセミナーなどの講師もつとめる。LIFE MAP,LLC代表。「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ(東京)」幹事などをつとめ、投資の裾野拡大に取り組んでいる。


馬渕治好(まぶち・はるよし)

世界経済・市場アナリスト。1981年、東京大学理学部数学科卒、1988年、米国マサチューセッツ工科大学経営科学大学院修士課程修了。旧・日興證券グループで主に調査部門を歴任。2009年に独立、現在はブーケ・ド・フルーレット代表。内外諸国の経済・政治・投資家動向を踏まえ、株式、債券、為替、主要な商品市場の分析を行う。


(書籍紹介)
日経プレミアシリーズ『投資の鉄人
(岡本和久、大江英樹、馬渕治好、竹川美奈子 著・本体価格850円)
ISBN978-4-532-26339-3

2017.04.19 

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版』出版記念イベント開催のお知らせ(申し込みもこちら) 

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版』出版記念
ストレングス・カンファレンス2017
「強みを活かした働き方と職場づくり」
主催:日本経済新聞出版社・ギャラップ社

職場環境が大きく変化するなか、ひとりひとりが本来持つ力を発揮し、いきいきと働くことができる組織をつくるためには、どのような取り組みが必要とされるのでしょうか。

従来型の経営スタイルや人に対する考え方では、社員の優れたところよりも足りないところに焦点を当ててしまいがちです。そうした古いやり方では、職場の生産性を高めたり、働き手がよりよいQOL(生活の質)を実現させたりすることはできません。

「自分自身の強みを理解し、その強みを毎日活かしているときにこそ、その人の成功する可能性が高まり、より高い業績をあげている」ことが、ギャラップ社の調査から明らかになりました。

本カンファレンスでは、人の強みに着目することの重要性と「クリフトン・ストレングス(ストレングスファインダー2.0)」の活用法について、また、そうした取り組みが組織の生産性に及ぼすインパクトについて議論します。

米ギャラップ社の会長兼CEOであるジム・クリフトンによる基調講演と、クリフトン・ストレングスを実際のビジネスに活かしているエキスパートの方々によるパネルディスカッションを予定しています。座席には限りがございますので、お早目にご登録ください。

■日時 2017年5月18日(木)13:30〜16:00

■会場 グランドハイアット東京(東京都港区六本木6-10-3)

■定員 300名様を無料でご招待

■お申し込み
http://www.gallup.co.jp/208730/gallup-strengths-conference-tokyo-20170518.aspx

(書籍紹介)
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版
  ―ストレングス・ファインダー2.0―

 (トム・ラス 著/古屋博子 訳・本体価格1,800円)
ISBN978-4-532-32143-7

2017.03.27 

【「たった一言」で儲けるビジネス奇襲の極意】田中靖浩さん トークイベント&サイン会 のお知らせ 

【「たった一言」で儲けるビジネス奇襲の極意】田中靖浩さん トークイベント&サイン会 のお知らせ
値決めの心理作戦 儲かる一言 損する一言』(日本経済新聞出版社刊)刊行記念


■2017年03月28日(火)19:00〜20:30(開場 18:30〜)

■会場:八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー

■定員:80名様

■お申し込み方法:当店で対象書籍をお買い上げの際、参加ご希望のお客さまに
 1階カウンターにて整理券を差し上げております。
 (参加整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)
 また、お電話によるご予約も承ります。(電話番号:03−3281−8201)

■受付時間: 10:00〜22:00
 (※受付時間は、お問い合わせ店舗の営業時間内となります。御注意下さい。)

■受付開始日:2017年3月6日(月)10:00〜
 http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/11499/

(イベント内容)
『お金も人も時間がなくても、アイデアで勝つ!』
良いものをより安く提供し、売上げを増やしてコストを下げる。こんなかつての「正攻法」では、なかなか儲からない時代になりました。消費者の心理に寄り添い、意表をつく「たった一言」を繰り出して、お客の心をガッチリつかみ、選んでもらう。こんな「ビジネス奇襲」をしかけるコツを、田中靖浩さんにご説明いただきます。あっと驚く事例あり、本では書けない秘策あり。イベントでしか明かされない「裏技」を楽しんで下さい!
終了後、サイン会を実施します。

(プロフィール)
田中靖浩(たなか・やすひろ)

田中公認会計士事務所所長
1963年三重県四日市市出身。早稲田大学商学部卒業後、外資系コンサルティング会社を経て現職。「笑いの取れる会計士」としてセミナー講師や執筆を行う一方、落語家・講談師とのコラボイベントも手がける。近年はスモールビジネスや中小企業の経営サポートに全力投球中。著書に『良い値決め 悪い値決め』『米軍式 人を動かすマネジメント』『実学入門 経営がみえる会計』ほか多数。


(書籍紹介)
値決めの心理作戦 儲かる一言 損する一言』(田中靖浩著・本体価格1,400円)
ISBN978-4-532-32134-5

2017.03.25 

『カルロス・ゴーンの経営論』が3/25の日経新聞で紹介されました! 

『カルロス・ゴーンの経営論』が、
読書面にて、3/25の日経新聞朝刊で紹介されました!

2017.03.13 

『梅田さん、「言葉にできる」ってどういうことですか?』梅田悟司さん トークイベント&サイン会のお知らせ 

『梅田さん「言葉にできる」ってどういうことですか?』梅田悟司さん トークイベント&サイン会のお知らせ
「言葉にできる」は武器になる』(日本経済新聞出版社刊)10万部突破記念

■2017年3月22日(水)19:00〜20:30(開場 18:30〜)

■会場:八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー

■定員:80名様

■入場料:500円
 イベント当日会場入口にて整理券をご呈示の上、参加費をお支払いください。

■お申し込み方法:1階カウンターにてお申し込みください。整理券を差し上げます。
 (整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)
 また、お電話によるお申し込みも承ります。(電話番号:03−3281−8201)

■受付時間: 10:00〜22:00
 (※受付時間は、お問い合わせ店舗の営業時間内となります。御注意下さい。)

■受付開始日:2017年2月27日(月)10:00〜
 http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/11459/

(イベント内容)
『言いたいことがあるのに、頭の中がもやもやして、言葉にできない。』
そんな経験、ありませんか? このイベントではそんなもやもやをスッキリさせる
方法を、発売6ヶ月で10万部を超える人気書籍『「言葉にできる」は武器になる。』
の著者であるコピーライター梅田悟司さんに直接レクチャーしていただきます。
テーマはずばり「言葉にできるって、どういうことだろう?」。
本書で『言葉は思考の上澄みに過ぎない』と断言する梅田さんから、正しく考えるって
どういうことだろう? その考えを外に向けた「伝わる言葉」に変換するにはどんな
プロセスがあるのだろう? を分かりやすくご説明いただきます。当日は実際に紙と
ペンを使った簡単なワークショップも行いますので、トップクリエイターの「言葉に
する力」を習得するチャンスです。
イベントに参加することで、頭の中がスッキリする感覚を是非味わってください!
 修了後、サイン会も開催いたします。

(プロフィール)
梅田悟司(うめだ・さとし)

(株)電通 コピーライター・コンセプター/横浜市立大学国際都市学系客員研究員
上智大学大学院理工学研究科修了
直近のコピーライティングに、ジョージア「世界は誰かの仕事でできている。」「この国を、支えるひとを支えたい。」、タウンワーク「バイトするなら、タウンワーク」ほか。東北六魂祭の立ち上げや、木村拓哉主演ドラマ TBS日曜劇場「A LIFE〜愛しき人〜」やEXILE15周年ベストアルバム「EXILE EXTREME BEST」の広告戦略などを手掛ける。CM総合研究所が選ぶコピーライターランキングトップ10に、2014・2015年連続選出。カンヌ広告賞、レッドドット章、グッドデザイン賞など受賞歴は国内外30以上。

(書籍紹介)
「言葉にできる」は武器になる』(梅田悟司著・本体価格1,500円)
ISBN978-4-532-32075-1

2017.03.11 

『燃えない電池に挑む! 69歳からの起業家・吉田博一』が3/11の日経新聞で紹介されました! 

『燃えない電池に挑む! 69歳からの起業家・吉田博一』が、
読書面にて、3/11の日経新聞朝刊で紹介されました!

2017.03.04 

『ブロックチェーン革命』が3/4の日経新聞で紹介されました! 

『ブロックチェーン革命』が、
読書面にて、3/4の日経新聞朝刊で紹介されました!

2017.02.20 

日経小説大賞授賞式 一般公開のお知らせ 

日経小説大賞授賞式を一般公開!
辻原登氏、蘯のぶ子氏、伊集院静氏と
受賞者との座談会参加者を募集!!

日時:2017年2月22日午後6時半開始(午後6時開場)

場所:日経ホール(東京都千代田区大手町1−3−7 日経ビル3階)

参加費無料 事前申し込み制

参加申し込みはこちらへ
http://www.nikkei-events.jp/shousetsu/
※申し込みには日経IDの取得が必要です。


2006年に日本経済新聞創刊130周年を記念して創設された日経小説大賞(日本経済新聞社・日本経済新聞出版社共催)も今年で8回目。今回、授賞式を一般公開とし、座談会では選考過程を振り返ってもらうとともに、小説の現状と課題などについても議論していただきます。作家を目指す方はもちろん、小説家の生の声が聞ける貴重な機会です。


『姥捨て山繁盛記』
2月22日発売予定
46判上製、244ページ、定価(本体1500円+税)
<受賞者略歴>
太田俊明(おおた・としあき)
1953年千葉県松戸市生まれ。東京大学在学中、硬式野球部の遊撃手として東京六大学野球で活躍。卒業後は総合商社、テレビ局に勤務し、2013年に定年退職。15年、第7回日経小説大賞最終候補。
<あらすじ>
山梨県北部の過疎の村が舞台。半世紀前のダム建設計画は中断しているが、移転代替地では補償金を使い、高齢者介護・医療を目玉とする「シニアの郷」計画が進む。若年性認知症と診断された59歳の西澤亮輔は、都内の大手企業を早期退職して「郷」に移住する。しかし、施設はどこか暗く、老け込むばかりだった。
水没予定地に留まり、ダムに反対する人々の集落は「姥捨て村」と呼ばれ、孤立していた。もっともそこには水害で母や弟妹を失った過去を持つ桝山太一の「日本一のワイナリー」があった。西澤が訪ねると、理想郷のような風景が広がっていた。



第9回日経小説大賞 4月1日から応募受付開始!

選考委員:辻原登・蘯のぶ子・伊集院静

応募要項:

◇応募資格 日本語による自作未発表作品。新人に限らない。二重投稿は失格(他の文学賞で公表された最終候補作も応募不可)。

◇枚数・応募方法 400字詰め原稿用紙300枚から400枚程度。1200字以内の内容要約文と題名、枚数、氏名(筆名の場合は本名も)、住所、電話番号(メールアドレス)、生年月日、現職、略歴を明記した別紙を必ず添付してください。ワープロ原稿の場合、A4判用紙に縦書きで印刷し400字詰め換算の枚数を明記のこと。原稿用紙もしくは印刷用紙での郵送に限ります。

◇応募受付・締切 2017年4月1日受付、6月30日締切(当日消印有効)。

◇宛先 〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 日本経済新聞出版社「日経小説大賞」係。

◇発表 2017年12月の日本経済新聞朝刊。同年10月に最終候補作を発表します。

◇注意事項 応募作品は返却しません。選考に関する問い合わせには応じられません。受賞作の出版権、映像化権などの二次的権利はすべて日本経済新聞社と日本経済新聞出版社に帰属します。

2017.02.19 

『ネーミング全史』が2/19の日経新聞で紹介されました! 

『ネーミング全史』が、
読書面にて、2/19の日経新聞朝刊で紹介されました!

2017.02.12 

『格付 価値の再認識と広がる投資戦略』が2/12の日経新聞で紹介されました! 

『格付 価値の再認識と広がる投資戦略』が、
読書面にて、2/12の日経新聞朝刊で紹介されました!

2017.02.05 

『僕が「プロ経営者」になれた理由』が2/5の日経新聞で紹介されました! 

『僕が「プロ経営者」になれた理由』が、
読書面にて、2/5の日経新聞朝刊で紹介されました!

2017.01.30 

『ユニクロvsしまむら』『小売業の繁栄は平和の象徴』が1/30の日経新聞で紹介されました! 

『ユニクロvsしまむら』と、
『小売業の繁栄は平和の象徴』とが、
18歳プラス面「読むヒント「商い」とは何か」にて、1/30の日経新聞朝刊で紹介されました!

2017.01.30 

『僕が「プロ経営者」になれた理由』が1/30発売の週刊東洋経済で紹介されました! 

『僕が「プロ経営者」になれた理由』が、
書評コーナー「BOOKS&TRENDS」で、1/30発売の週刊東洋経済で紹介されました!

2017.01.23 

『Brexit(英離脱)ショック 企業の選択』が1/23発売の週刊東洋経済で紹介されました! 

『Brexit(英離脱)ショック 企業の選択』が、
書評コーナー「BOOKS&TRENDS」で、1/23発売の週刊東洋経済で紹介されました!

2017.01.22 

『コンピュータが小説を書く日』が1/22の読売新聞で紹介されました! 

『コンピュータが小説を書く日』が、
書評にて、1/22の読売新聞で紹介されました!
(評者:朝井リョウ・作家)

2017.01.22 

『政治が危ない』が1/22の毎日新聞で紹介されました! 

『政治が危ない』が、
書評にて、1/22の毎日新聞で紹介されました!

2017.01.22 

『三鬼 三島屋変調百物語四之続』が1/22の日経新聞で紹介されました! 

『三鬼 三島屋変調百物語四之続』が、
読書面にて、1/22の日経新聞朝刊で紹介されました!

2017.01.16 

◎『「言葉にできる」は武器になる。』ベストセラー記念トークイベント&サイン会開催!(大阪・名古屋)【梅田さん、「言葉にできる」ってどういうことですか?】 

『「言葉にできる」は武器になる。』を刊行した梅田悟司さんの
ベストセラー記念イベントを開催いたします。

テーマはずばり「言葉にできるって、どういうことだろう?」。
『言いたいことがあるのに、頭の中がもやもやして、言葉にできない。』
そんな経験、ありませんか? このイベントでは、そんなもやもやをスッキリ
させる方法を、8万部を超えるベストセラー『「言葉にできる」は武器になる。』
の著者であるコピーライター梅田悟司さんに直接レクチャーしていただきます。

当日は実際に紙とペンを使った簡単なワークショップも行いますので、
トップクリエイターの「言葉にする力」を習得するチャンスです。
イベントに参加することで、頭の中がスッキリする感覚を是非味わってください!

講演会終了後、サイン会を実施いたします。


<イベント概要>
【大阪】紀伊國屋書店梅田本店
開催日時   :2017年1月25日(水)19時15分〜
会場     :阪急ターミナルスクエア・17 ふじの間
        大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル17F
定員     :先着100名様
参加費    :1,000円(税込)
お申し込み・お問い合わせ先:06-6372-5821(10:00〜22:00)

【名古屋】丸善名古屋本店
開催日時   :2017年1月26日(木)19時00分〜
会場     :丸善名古屋本店 6Fイベントスペース
        名古屋市中区栄3-8-14
定員     :先着25名様
参加費    :1,000円(税込)
お申し込み・お問い合わせ先:052-238-0320(10:00〜21:00)

※要・事前予約。両会場ともに定員になり次第、締め切りとさせていただきます。

■『「言葉にできる」は武器になる。』
  梅田悟司 著
  定価(本体1,500円+税)
http://www.nikkeibook.com/book_detail/32075/

2017.01.15 

『人工知能が変える仕事の未来』が1/15の日経新聞で紹介されました! 

『人工知能が変える仕事の未来』が、
読書面にて、1/15の日経新聞朝刊で紹介されました!

2017.01.10 

『政治が危ない』『ビジネスですぐ使える! 英文Eメール文例ハンドブック』が1/10の週刊東洋経済で紹介されました! 

『政治が危ない』が、
書評コーナー「BOOKS&TRENDS」で、
『ビジネスですぐ使える! 英文Eメール文例ハンドブック』が、
「特集 速効英語 目的別!超勉強法英語マスター」の「書く」コーナーにて1/10発売の週刊東洋経済で紹介されました!

2017.01.08 

『日経プレミア 中東崩壊』が1/8の日経新聞で紹介されました! 

『日経プレミア 中東崩壊』が、
読書面にて、1/8の日経新聞朝刊で紹介されました!

バックナンバー2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年