私の履歴書

詳細はこちら

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

「勝ちパターンにこだわり、変化を止めれば会社は終わりだ」―常に新商品を生み出し、業態を変え続けてきた名物経営者の集大成。

色彩が豊かな所には人が集まり、生きる喜びが交錯する。イタリアで開花した「人間讃歌」としての芸術を貫いた画家の72 年の半生記。

私は女優

浅丘ルリ子  

定価(本体1,700円 +税)

ISBN:978-4-532-16994-7

日本を代表する美人女優で75歳の今も舞台で主役を張る。過去について多くを語ることのなかったミューズが著した初の自伝!

「まず跳ぶ。しかるのちに考える」 常にテレビに異議を申し立て、破天荒なドラマをつくってきた日本を代表する脚本家の自伝的エッセイ

100年を超えて繁栄し続ける企業と、そうでない企業の違いは何か。沈みかけた巨艦・日立を再生させた立役者が、経営改革の要諦と自身の半生を語る。

コムトラックス、無人ダンプトラック、ドローン等、建機のICT化で最先端をいくダントツ企業コマツ。瀕死の状態だった同社を再建し、成長企業へと転じさせた稀代の経営者が語る経営論。私の履歴書に大幅加筆。

度胸と愛嬌があれば、人生なんとかなる。―23歳でニトリ家具を創業し、日本一の家具チェーンに育て上げた、似鳥昭雄の波瀾万丈の一代記。各紙誌で大反響の連載を大幅加筆し、書籍化。

僕はダメな子だった。だから僕の信条は「二歩下がって」。下がった場所で自分なりに人のやらない努力をして、必死でがんばり、運をつかむ。コメディアン一筋55年。視聴率100%男として一世を風靡した、欽ちゃんの心あたたまる抱腹絶倒の一代記!

モノづくりには、高い理想を掲げ、最後までやり抜く勇気が大切。創業者・佐吉の孫にして自動車事業を立ち上げた喜一郎の長男、豊田章一郎氏が、トヨタとともに歩んだ60年の軌跡を語る。「章男社長との対話」も収録。

「世界の王」の自伝決定版! 頑固で不器用な野球人生を支えた、父の「万事控えめに」という教えと、手を抜けない性分。不世出のスーパースターの半生に、敗戦から高度成長を遂げた昭和の日本人のひたむきさがだぶる。

優れた住宅は、良い社会を作る―。最大手ハウスメーカーの経営者が、数々の失敗を乗り越えて全国トップの実績をあげた若手営業マン時代から、キッズデザインや環境・エネルギー問題に取り組む現在までを語る。

日本で初めてのCVS・セブン-イレブンの創業、商品の共同配送やPOSによる単品管理、銀行業への参入―流通業界の常識や慣例を打破し続け、日本一の巨大流通グループを築き挙げた稀代の経営者が改革のドラマを語る。

リース業を日本に根付かせるため、たった12人の仲間と立ち上げたオリックスと歩んだ50年。ライフワークとなった規制改革への取り組み―。常に挑戦と改革を続けてきた経営者による初の自伝的書。

マーケティングを単なる販売促進ではなく、人々の生活を向上させる実践的な学問として発展させてきた、コトラー初の自伝。多数の著作の根底に流れる思想がわかる。日本語でしか読めない貴重なオリジナル版。

昔を振り返らず、いつも次の演奏会のことばかりを考えてきた音楽家の感懐。「指揮者という商売は自分一人ではどんな音だって出せない。宿命的に人の力がいるのだ。その恩人たちを紹介するのが僕の『履歴書』かもしれない」

「研究も家庭も」両方取ると決め、どんな関門にも勇猛果敢に、あっけらかんと挑んできた。日本を代表する女性物理学者が、波瀾万丈の75年を、底抜けに明るい大阪弁で綴る痛快無比の自伝!

「女性も自分の能力を生かせる仕事を」――。「人材派遣」という言葉も法律もなかった時代、必要な人材を企業に派遣する人材派遣業を一から始めて最大手企業へ育て上げた著者の、ひたすらに前向きな歩みを振り返る。

日本人女子選手として初めて本格的に米女子ツアーへ参戦、米国人以外で史上初の賞金女王獲得、海外ツアー18勝など日本女子ゴルフ界発展の礎を築いた岡本綾子プロが自らの生涯とゴルフ人生を振り返る。

「水道哲学」という独特の理念の下、積極的に社会への発言を続けた「経営の神様」松下幸之助。夢を語り、夢を実現し続けたその生き様、松下電器を世界企業に育て上げた哲学を、本人の肉声で綴った「私の履歴書」。

ジャスコ(現イオングループ)創業者で、中内功、伊藤雅俊と並ぶ戦後流通革新の担い手の一人による「私の履歴書」。流通を通じて世の平和に貢献する―戦後の日本経済を支えてきた有力経営者が語る信念と生き様。