ジャンル > 政治・社会 | 

経済財政戦記
―官邸主導 小泉から安倍へ―

清水真人 著

定価(本体1,900円 +税)

四六判 上製 424 ページ
978-4-532-35264-6
2007年6月発売
品切重版未定

官邸の司令塔・経済財政諮問会議を軸に繰り広げられた政策運営の主導権争い。生産性・成長力重視の竹中・中川秀ら「上げ潮」派と、財政再建路線の与謝野・財務省ら財政「タカ」派の政策闘争を描くドキュメント。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

目次

プロローグ 「司令塔」それぞれの闘い

第I部 対決と協調
 第1章 「サンドバッグ」谷垣禎一――宿命の歳出歳入一体改革
 第2章 小泉純一郎の深慮遠謀――経済財政諮問会議の転機

第II部 「骨太」攻防
 第3章 竹中平蔵 神速の仕掛け――「官」の秘策・行革推進法
 第4章 「財政タカ派」の与謝野馨――リベンジへ欧州型補佐室
 第5章 吉川洋と本間正明の苦衷――成長率・金利で神学論争
 第6章 福井俊彦「独立性」の覚悟――量的緩和解除の政治力学
 第7章 小泉純一郎の深慮遠謀再び――自民党丸投げの奇手
 第8章 伊藤達也と裏検証チーム――経済財政一体改革の楔
 第9章 「上げ潮」中川秀直の蛮勇――歳出削減策の黄金比率
 第10章 柳澤伯夫 税の論理――2015年度の未完ゴール

第III部 継承と断絶
 第11章 安倍晋三の賭け――成長重視路線と税制改革
 第12章 大田弘子の狭き道――「増税なき財政再建」の虚実


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: