ジャンル > 政治・社会 | 

構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌

竹中平蔵 著

定価(本体1,800円 +税)

四六判 上製 352 ページ
978-4-532-35248-6
2006年12月発売

不良債権処理、郵政民営化、経済財政諮問会議の舞台裏では何が起きていたのか? 小泉内閣で経済改革を一任された司令官竹中平蔵が、政・官といかに闘い、成果をつかみ取ったかを大胆に語る。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

目次

序章 改革の日々が始まった

第1章 小泉内閣という“奇跡”
 1 しがらみを持たないリーダーの登場
 2 小泉内閣発進す

第2章 金融改革の真実――“不良債権”という重荷
 1 「当局の壁」の中へ
 2 金融再生プログラムをめぐる攻防(1)
 3 金融再生プログラムをめぐる攻防(2)
 4 金融危機対応会議に至る道
 5 りそな銀行――公的資金注入  他

第3章 郵政民営化の真実――改革本丸の攻防
 1 民営化基本方針の決定
 2 法案提出へ
 3 国会論戦へ
 4 否決・総選挙そして勝利
 5 民営化本番へ

第4章 経済財政諮問会議の真実――政策プロセスはどう変わったか
 1 「骨太方針」という新手法
 2 変化した予算プロセス
 3 司令塔としての諮問会議――3つの挑戦
 4 5年目の諮問会議

終章 日本経済2つの道

あとがき


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: