ジャンル > 経済・金融 | 

「人口減少経済」の新しい公式
―「縮む世界」の発想とシステム―

松谷明彦 著

定価(本体1,900円 +税)

四六判 上製 264 ページ
978-4-532-35095-6
2004年5月発売
品切重版未定

戦後日本が初めて経験する人口減少は、規模縮小にとどまらない多様な変化を経済社会にもたらす。人口増加のエネルギーを失った日本が向う先は? 個人の生活から企業経営、政策まで、縮む世界の発想と行動様式を示す。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

おすすめポイント

●週刊東洋経済「2004年上半期ベスト経済書101冊」第1位!
●週刊東洋経済「2004年経済・経営書ベスト100」第4位!
●週刊ダイヤモンド「学者・エコノミストが選んだ経済書ベスト30」第2位!


目次

第1章 変化は一挙に――迫る極大値後の世界
 1 速すぎる日本の人口減少高齢化
 2 日本の経済成長率が最も低くなる
 3 極大値に達した日本

第2章 拡大から縮小へ――経営環境の激変
 1 3分の2になる労働力
 2 縮む日本経済
 3 スリム化が企業経営の基本
 4 「省力化」では解決できない
 5 消費主導の経済へ

第3章 地方が豊かに――地域格差の縮小
 1 対応を迫られる大都市圏
 2 一変する地域経済地図
 3 地方が豊かに――生活水準格差の縮小

第4章 小さな政府――公共サービスの見直し
 1 維持できない現行の年金制度
 2 半減する公共事業
 3 増税の必要はない

第5章 豊かな社会――全体より個人
 1 上昇する賃金水準
 2 働かない自由――就業形態の変化
 3 分散する人口――ライフスタイルの多様化

第6章 「人口減少経済」への羅針盤
 1 日本の経済システムの再構築
 2 地域経済システムの再構築
 3 人口減少下の生活設計

 おわりに


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: