ジャンル > 経済・金融 | 

フラット化する世界[増補改訂版](上)
―経済の大転換と人間の未来―

トーマス・フリードマン 著/伏見威蕃 訳

定価(本体2,000円 +税)

四六判 上製 424 ページ
978-4-532-31377-7
2008年1月発売
品切重版未定

世界的ベストセラーがアップデート&大幅加筆で登場! 世界経済を呑みこむ「フラット化」という巨大な潮流に、個人はどうやって対応すべきかを示す新章が追加され、さらに結論部分も最新事例をとりいれて全面改稿。

ダウンロード 2008年2月2日 日経朝刊広告
/431.28Kb

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

目次

序 文

第一部 世界はいかにフラット化したか
第1章 われわれが眠っているあいだに
第2章 世界をフラット化した10の力
 フラット化の要因1 ベルリンの壁の崩壊と、創造性の新時代
 フラット化の要因2 インターネットの普及と、接続の新時代
 フラット化の要因3 共同作業を可能にした新しいソフトウェア
 フラット化の要因4 アップローディング:コミュニティの力を利用する
 フラット化の要因5 アウトソーシング:Y2Kとインドの目覚め
 フラット化の要因6 オフショアリング:中国のWTO加盟
 フラット化の要因7 サプライチェーン:ウォルマートはなぜ強いのか
 フラット化の要因8 インソーシング:UPSの新しいビジネス
 フラット化の要因9 インフォーミング:知りたいことはグーグルに聞け
 フラット化の要因10 ステロイド:新テクノロジーがさらに加速する
第3章 三重の集束
第4章 大規模な整理

第二部 アメリカとフラット化する世界
第5章 アメリカと自由貿易――リカードはいまも正しいか?
第6章 無敵の民――新しいミドルクラスの仕事

編集者より

全米300万部の大ベストセラーを記録した、第1回「ビジネス・ブック・オブジ・イヤー賞」受賞作、「21世紀を生きる人の必読書」が早くも増補改訂版となって登場しました。
世界の仕組みを猛スピードで変えた大潮流を描き、日米で大ベストセラーを記録した話題作に、個人がフラット化する世界でどう生き抜くべきかを説いた「あなたとフラット化する世界」と題したセクションを追加、結論もアップデートしました。

SNSやブログ、YouTubeなどで誰もが瞬時に有名人になる世の中で、私たちはどう生きるべきか、「インターネット中毒」「デジタルのゴミ」「ネット心配性」などといった負の側面に立ち向かうにはどうすべきか具体的方法を論じます。

ピュリツァー賞を3度受賞したジャーナリストが、インド、中国、日本、欧米諸国の経営者や政治家らへの綿密な取材をもとに、個人の働き方、企業のビジネスモデル、さらには国家のシステムまでも巻き込んだ巨大な変化を鮮やかに活写した必読書です。
(翻訳出版部 國分正哉)


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: