ジャンル > 経営一般 | 

日本のもの造り哲学

藤本隆宏 著

定価(本体1,600円 +税)

四六判 上製 368 ページ
978-4-532-31139-1
2004年6月発売

「強い現場」を利益に結びつけられないでいる日本の製造業。しかし、トヨタ自動車をはじめとする勝ち組企業は、自社の特性を見極め、戦略構築の基本を見事に実行している! 製造業再生に必要な発想と戦略をズバリ解説。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

目次

第1章 迷走した日本のもの造り論
 1 90年代の日本製造業論議
 2 既存の産業分類を一旦忘れよう
 3 アーキテクチャのメガネで見る
 4 アーキテクチャと組織能力の相性

第2章 「強い工場・強い本社」への道
 1 日産復活の意味
 2 「もの造り企業の実力」をどう測るか
 3 自動車に見るもの造りパフォーマンスの実態
 4 ITバブルの教訓
 5 「強い工場・弱い本社」症候群
 6 強い現場と強い本社を両立させよ

第3章 もの造りの組織能力
 1 トヨタ的なもの造りから「深く学ぶ」ということ
 2 トヨタ生産システム競争力と収益力

第4章 相性のよいアーキテクチャで勝負せよ
 1 アーキテクチャとは何か
 2 基本タイプは「インテグラル」「モジュラー」「オープン」「クローズド」
 3 アーキテクチャの産業論

第5章 アーキテクチャの産業地政学
 1 組織能力は歴史がつくる
 2 アーキテクチャの比較優位論

第6章 中国との戦略的つきあい方
 1 中国もの造りの多様性
 2 中国的な勝ちパターン
 3 乗用車のアーキテクチャも換骨奪胎されるか
 4 中国で成功するアーキテクチャ戦略とは

第7章 もの造りの力を利益に結びつけよ
 1 アーキテクチャの両面戦略
 2 アメリカ自動車メーカーのトラック戦略
 3 アーキテクチャの位置取り(ポジショニング)戦略

第8章 もの造り日本の進路
 1 ここまでのまとめ
 2 さらなる能力構築に向けて
 3 日本のエクセレント・カンパニーに学べ  他


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: