LINEで送る

世界経済 まさかの時代

滝田洋一 著

定価(本体850円 +税)

新書判 並製 224 ページ
978-4-532-26322-5
2016年10月発売

英EU離脱、尖閣、ヘリマネ、トランプ人気―。想定外の事態が次々と起こる世界を、日経編集委員が読み解く。『世界経済大乱』第2弾。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

人生には3つの坂がある。上り坂、下り坂、そして「まさか」だ。小泉元首相はこう喝破しました。
今、日本と世界を襲っているのはその「まさか」の連続です。

まれにしか起こらないが、いざ発生すると甚大な損害をもたらすリスクを、経済の世界では
「テール・リスク」と呼びます。テールとは統計分布のしっぽの部分のこと。異常気象が頻発するよ
うに、相次いでいる「まさか」は、このテール・リスクにほかなりません。

国境を越えてヒト、モノ、カネが自由に行き来する、グローバリゼーションは、いま大きな曲が
り角に差しかかっています。経済成長は鈍化し、貿易は足踏みを続けています。経済成長を促すは
ずの生産性の伸びは停滞、ちょっとしたショックで経済は下振れしやすいのに、政策の足並みは
そろいません。我が国は不確実性がますます高まる世界で、どのような活路を求めていけばよいのでしょうか?

本書は日本を取り巻く経済問題について、政治や社会のうねりも見定めながら、腑分けしようとするもの。
前著『世界経済大乱』から半年間に起きた様々な出来事を、事実とデータに基づいて分析し、次の展
開の見取り図を示します。

目次

第1章 「Brexit」から始まるまさか

第2章 「ヘリマネ狂想曲」のまさか

第3章 「中国の脅威」のまさか

第4章 「脱グローバル化」のまさか

第5章 「課題先進国・日本」のまさか


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: