日本銀行 デフレの番人

岩田規久男 著

定価(本体850円 +税)

新書判 並製 240 ページ
978-4-532-26162-7
2012年6月発売

この2月に導入された日銀のインフレ目標による「成果」は、皮肉にもこれまでの異常な日銀理論と政策の誤りを実証した。しかし、その後の政策は迷走している。日銀のデフレ脱却の本気度を検証し、「最適金融政策」を提言する。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

民主党政権は今通常国会で消費税税率引き上げ法案提出の構え。増税法案の足を引っぱるデフレを脱却できない日銀への風当たりが強くなることが予想されます。

目次

はじめに
第1章 日銀理論の誤りを実証した「目途」 
第2章 惨めな日銀の成績
第3章 日銀理論−−デフレの責任は日銀にはない!?
第4章 なぜ日銀の金融政策では、デフレを脱却できないのか
第5章 なぜ、インフレ目標政策は物価安定に成功するのか
第6章 日銀にインフレ目標の達成を義務付けよ
第7章 こうすれば、デフレを脱却して財政再建ができる
おわりに
参考文献


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: