ジャンル > 経済理論 | 

労働時間の経済分析
―超高齢社会の働き方を展望する―

山本勲 、黒田祥子 著

定価(本体4,600円 +税)

A5判 上製 366 ページ
978-4-532-13451-8
2014年4月発売

現代日本人の働き方に関する事実や問題を、個票データを用いた緻密な分析によって幅広く検討した上で、今後の働き方はどうあるべきかを論じる労作。わが国労働市場分析の本格的決定版。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

第57回 日経・経済図書文化賞受賞!

著者は日経本紙連載の「経済教室」などにも登場する、次世代の労働経済分野を担う気鋭の中堅研究者です。

目次

 序 章  本書の目的と概要

第I部  日本人の働き方

 第1章  日本人の労働時間はどのように推移してきたか――長期時系列データを用いた労働時間の検証

 第2章  労働時間規制と正社員の働き方――柔軟な働き方と労働時間の関係

 第3章  長時間労働と非正規雇用問題――就業時間帯からみた日本人の働き方の変化

 第4章  日本人は働きすぎか――国際比較や健康問題等からの視点

第II部  労働時間の決定メカニズム

 第5章  日本人は働くことが好きなのか

 第6章  労働時間は周囲の環境の影響を受けて変わるのか――グローバル企業における欧州転勤者に焦点を当てた分析

 第7章  長時間労働は日本の企業にとって必要なものか――企業=従業員のマッチデータに基づく労働需要メカニズムの特定

第III部  日本人の望ましい働き方の方向性

 第8章  ワーク・ライフ・バランス施策は企業の生産性を高めるか――企業パネルデータを用いたWLB施策の効果測定

 第9章  ワーク・ライフ・バランス施策に対する賃金プレミアムは存在するか――企業=労働者マッチデータを用いた補償賃金仮説の検証

 第10章 メンタルヘルスと働き方・企業業績の関係――従業員および企業のパネルデータを用いた検証

統計データ


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: