金融政策論議の争点
―日銀批判とその反論―

小宮隆太郎 、日本経済研究センター 編

定価(本体2,800円 +税)

四六判 上製 493 ページ
978-4-532-13236-1
2002年7月発売
品切重版未定

日銀の最近の金融政策については、学界だけでなく、政官財の各界を巻き込み、激しい賛否両論が闘わされている。わが国の代表的エコノミストを集め、デフレ下の経済政策について、徹底討論をしてもらった。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

目次

第 I 部:論点と争点

デフレ下の金融政策

第1章 デフレ、不良債権問題と金融政策………深尾光洋
第2章 デフレをもたらしたのは構造要因か、金融政策か………新保生二
第3章 デフレ・スパイラル発生の可能性………岩田一政
第4章 「量的緩和」採用後1年間の経験………白川方明
第5章 日銀批判の論点の検討………小宮隆太郎

第 II 部:討論

日本銀行の金融政策をどう評価するか

岩田一政/香西泰/小宮隆太郎/白川方明/新保生二/深尾光洋/八代尚宏(司会)

第 III 部 論評と再論

日銀批判をめぐって

1 予想形成に働きかける金融政策を:小宮論文批判(1)………岩田規久男
2 日銀にはまず「説明責任」がある:小宮論文批判(2)………伊藤隆敏
3 デフレと金融政策………吉川洋
4 岩田規久男、伊藤隆敏両氏の批判に答える………小宮隆太郎
5 金融政策をめぐる建設的な論争のために………白川方明
6 金融政策重視か、財政政策重視か………新保生二


金融政策関連年表


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: