ジャンル > 経営理論 | 

日本型コーポレートガバナンス
―従業員主権企業の論理と改革―

伊丹敬之 著

定価(本体2,200円 +税)

四六判 上製 354 ページ
978-4-532-13190-6
2000年12月発売

企業は誰のものか? 株主重視の経営を追求すべきなのか? 本書は、従業員主権こそ日本企業のコーポレートガバナンス(企業統治)の特徴であるとし、そのメカニズムを多角的に解明し、改革を提言する意欲的分析。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

目次

序章 日本型ガバナンスの重い堆積

第1章 コーポレートガバナンスの概念的枠組み

   1 コーポレートガバナンス論の全体像
   2 コーポレートガバナンスの主権論
   3 コーポレートガバナンスのメカニズム論
   4 コーポレートガバナンスの国際比較

第2章 日本企業の人本主義と従業員主権

   1 企業システムの中の企業の主権概念
   2 日本企業の人本主義システム
   3 安定的なヒトのネットワーク、カネとの二重がさね

第3章 従業員主権の経済合理性
           ―――株主主権との比較

   1 従業員の登場しない会社法
   2 会社法での株主主権の合理性の論拠
   3 ヒトとカネ、その拠出するもののちがい
   4 公正性の観点から見た従業員主権
   5 効率性の観点から見た従業員主権

第4章 従業員主権の制度的有効性

   1 二つの制度的有効性、五つのポイント
   2 従業員主権で資本が集まるか
   3 従業員主権で組織が窒息しないか
   4 会社法のもとでの従業員主権の現実的機能性
   5 チェック有効性

第5章 従業員主権の発生と定着
           ―――歴史的状況と社会的親和性

   1 発生と定着のプロセス
   2 危機的状況と成長志向
   3 戦中の日本政府、戦後の進駐軍による経済改革
   4 経済民主化への社会的エネルギー
   5 共同体感覚の正当性

第6章 従業員主権の機能不全

   1 二重がさねと三つの機能不全
   2 システムの暴走
   3 パフォーマンスの低下
   4 国際的な接点からの摩擦

第7章 ガバナンス改革の基本方向と経営者のチェック

   1 日本型コーポレートガバナンス改革の基本方向
   2 株式会社制度は守る
   3 経営者のチェックメカニズム
   4 「発言」の巧みな制度化

第8章 経営者監査委員会とコア従業員信任投票
          ―――現行制度の中の改革

   1 指名、信任、承認の三層構造
   2 経営者監査委員会
   3 コア従業員による信任投票
   4 ドイツ共同決定法方式との比較

第9章 新しい企業制度の構想
           ---現行制度そのものの改革

   1 新しい企業制度の概要
   2 企業の設立・解散・合併と財産権
   3 制度運用上の具体的問題点
   4 「企業民主化試案」との比較

終章 グローバル資本主義と日本型ガバナンス

参考文献


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: