資産市場と景気変動
―現代日本経済の実証分析―

小川一夫 、北坂真一 著

定価(本体5,200円 +税)

A5判 上製 292 ページ
978-4-532-13151-7
1998年4月発売
品切重版未定

土地・株式など資産価格の変化は、企業の投資、銀行の融資、人々の消費にどのような影響を与えたのか。現代日本経済の最大のテーマである資産価格と景気変動メカニズムとの関係を初めて実証分析によって明らかにした力作。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

目次

序章 本書のねらいと構成
第1章 1980年代以降の景気変動の特徴:過去の景気の局面との比較
第2章 資産価格変動の特徴:バブルは存在したのか
第3章 平成景気の変動メカニズム
第4章 平成不況の変動メカニズム
第5章 資産市場と実物経済
第6章 1980年代以降の企業の資産選択
第7章 1980年代以降の銀行の資産選択
第8章 資本市場の自由化と土地担保融資
第9章 株式市場の機能とバブル
第10章 企業行動の計量分析(1)誘導型アプローチ
第11章 企業行動の計量分析(2)構造型アプローチ
第12章 1980年代以降の家計行動
第13章 家計行動と資産効果
第14章 マクロ経済政策の課題


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: